• broken image

    Sensoria® Developer Kit

    Sensoria® Developer Kitは、モーショントラッキングシステムとして世界中の数十の学術機関で一流研究者によって検証され、臨床医からの信頼と実績を得ています 

  • Device + App + Cloud System = Secured Remote Gait Lab

    ソックス型デバイス + モバイルアプリ + クラウド = 遠隔での歩行運動臨床研究環境 

    • Sensoria®は、歩行や運動に関する様々な利用シーンに対応した人体運動データ収集、アクチグラフ、解析システムを提供しています。
    • このシステムは、Sensoria® Coreマイクロエレクトロニクス、パワフルなモバイルソフトウェア、クラウドデータ解析ツールにより、リアルタイムで信頼性の高い正確なモーションモニタリング、Rawデータ収集、及びそのデータを視覚化することができます。
    • 第三者機関の検証によると、Sensoria® Coreシステムは、歩行研究室でのみ設置・使用可能であったり、セットアップが困難で価格が平均10倍以上する従来の研究ツールと比べて、同等かそれ以上に優れているとの結果が出ています。
    broken image

    Sensoria® Socks + Sensoria® Core

    テキスタイル式の圧力センサーを搭載したSensoria® Socksは、スマートで快適、洗濯も可能で、歩行に関するデータをリアルタイムで収集することができます。

    broken image

    Sensoria® Walk

     

    AndroidやiOS用のモバイルアプリによる直感的なインターフェイスを備え、ユーザーの進捗履歴、目標、総活動時間、その他の詳細な分析が可能です。 

    broken image

    Sensoria® Lab & Workbench

    使いやすいハードウェアとソフトウェアにより、世界中の研究者、大学、臨床医に活用されています。当社では、分析、研究、臨床試験のあらゆるニーズに対応するため、Rawデータの収集方法、可視化方法、保存方法についてもご案内が可能です。

  • broken image

    Key Features of

    Sensoria® Core

    • 9軸IMUセンサー
      - 3軸加速度センサー
      - 3軸ジャイロスコープ
      - 3軸磁力計(コンパス)
    • 充電可能な長時間バッテリー (1回の充電で最大5日間程度)
    • Bluetooth Smartによるデータ転送
    • 設定可能なサンプリングレート( 1Hz-120Hz)
    • オートスリープ/オートウェイクアップ

  • broken image

    Simplicity

    取り扱いの容易さ

    直感的なインターフェースとSensoria® Workbenchを介したリアルタイムの可視化ツールにより、研究作業に集中することができます。このシステムは、研究開発や臨床試験において、モーションモニタリング障害の評価や、歩行、バランス、およびその他の一般的なモビリティパラメータの記録に、圧倒的な使いやすさで活用することができます。

    broken image

    Precision

    高い精度

    第三者機関の検証によると、Sensoria®Coreシステムは、歩行研究室でのみ設置・使用可能であったり、セットアップが困難で価格が平均10倍以上する従来の研究ツールと比べて、同等かそれ以上に優れているとのことです。

    broken image

    Reliability

    優れた信頼性

    Sensoria® Coreの長寿命充電式バッテリーは、臨床的に検証されたデータを提供し(独立機関による研究結果を参照)、iOSおよびAndroidのモバイルアプリケーションや、HIPAA準拠のMicrosoft® Azure 臨床医向けダッシュボードと統合して、患者集団の全体像を分かりやすく分類表示します。

  • Sensoria® Developer Kitの

    創薬研究等への活用事例集

    Use Cases for Validation Research in Drug Discovery, etc.

    事例1:健常者と乾癬性関節炎が頻発する足部障害を有する患者におけるトレッドミル歩行および地上歩行時にソックス型計測器から収集した歩行時空間パラメータの正確度(Accuracy)と精度(Precision)に関する研究.

    broken image

    by Roua Walha 1, Karina Lebel 2,3, Nathaly Gaudreault 1, Pierre Dagenais 1, Andrea Cereatti 4, Ugo Della Croce 5,6 and Patrick Boissy 1,2,*

     

    1 Faculty of Medicine and Health Sciences, Université de Sherbrooke, Sherbrooke, QC J1H 5N4, Canada

    2 Research Center on Aging, CIUSSS Estrie CHUS, Sherbrooke, QC J1H 4C4, Canada

    3 Faculty of Engineering, Université de Sherbrooke, Sherbrooke, QC J1K 2R1, Canada

    4 Department of Electronics and Telecommunications, Politecnico di Torino, 10129 Torino, Italy

    5 Department of Biomedical Sciences, University of Sassari, 07100 Sassari, Italy

    6 Biomedical Engineering Department, Catholic University of America, Washington, DC 20064, USA

    * Author to whom correspondence should be addressed.

     

    Sensors 2021, 21(18), 6179; https://doi.org/10.3390/s21186179

    Submission received: 14 July 2021 / Revised: 31 August 2021 /

    Accepted: 10 September 2021 / Published: 15 September 2021Add paragraph text here.

    概要 Abstract

    本研究の目的は、IMUを搭載した靴下と検証済みのアルゴリズムを組み合わせた歩行時空間パラメータの推定システムの精度と正確性を評価することである。25名の健常者(HP)と21名の乾癬性関節炎(PsA)に続発する足の障害を持つ患者が、3つの異なる速度でのトレッドミル歩行と快適な速度での地上歩行を行った。HPは2セッションにわたって評価を行った。トレッドミル歩行で得られたケイデンス(CAD)、歩行周期時間(GCD)、歩行速度(GS)、歩幅(SL)の推定値を、モーションキャプチャシステムで推定した値と比較し、提案システムの妥当性を検証した。また、トレッドミル歩行と地上歩行について、定評のあるマルチIMUベースのシステムと比較した。その結果、モーションキャプチャシステムとIMUを搭載した靴下は、HPとPsA参加者の両方において、通常速度と高速度でのトレッドミル歩行中の時空間パラメータの推定において、良い一致を示した。IMU搭載靴下から得られたGSとSLの精度は、両群とも確立されたマルチIMUベースのシステムと比較して優れていた。IMU搭載靴下から得られた歩行パラメータ推定の精度(セッション間信頼性)は、地上歩行とトレッドミルでの高速歩行では良好~優れていたが、トレッドミルでの低速歩行と通常歩行では中~良好であった。提案されたIMU内蔵靴下は、IMUの装着性の問題を解決する新しいフォームファクターを提供し、臨床条件下や自由生活条件下での時空間パラメータの測定に使用できる可能性がある。
  • 事例2:パーキンソン病患者の歩行を安定させるスマートソックスを用いた下肢感覚シミュレーションの即時効果に関する研究

    Brodie MA, Pelicioni PH, Okubo Y, Chan DY, Carroll V, Toson B, Vigano D, Macagno M, Sternberg S, Schreier G, Lovell NH. Immediate Effects of Lower Limb Sensory Simulation Using Smart Socks to Stabilize Gait in People with Parkinson's Disease. Annu Int Conf IEEE Eng Med Biol Soc. 2023 Jul;2023:1-4. doi: 10.1109/EMBC40787.2023.10340604. PMID: 38083091.

    概要 Abstract

    パーキンソン病(PD)患者は、転倒や生活の質の低下につながる歩行障害を経験している。ここでは、スマートソックスを用いてPD患者の下肢を刺激し、歩行中の過度の歩数変動を抑制することの実現可能性を調査する。我々は、参加者の快適なペースに合わせた下肢求心性神経のリズミカルな興奮が、欠陥のある神経-筋信号を同調させ、歩行の改善につながるという仮説を立てた。軽度から中等度のPD症状を持つ5人(70±9歳)が、30分間のファミリゼーションセッションの前後に薬物検査を受けた。歩行の変化を評価し、効果量を報告するために、一対のt検定とCohenのdを用いた。参加者の経験は、構造化されたインタビューによって記録された。下肢刺激により、歩行速度は急性期で15%増加(p=0.006、d=0.62)、歩幅は11%増加(p=0.04、d=0.35)、歩幅の時間変動は44%減少(p=0.03、d=0.91)、知覚される歩行の質は22%増加(p=0.04、d=1.17)、歩行に対する精神的努力は24%減少(p=0.02、d=0.79)、ケイデンスには統計的な差はみられなかった(p=0.16)。参加者は、トレーニング中の刺激の利点について肯定的なコメントを寄せたが、歩いていないときには刺激が邪魔になることがあり、靴下を履くのが大変であった。歩数変動および認知された歩行の質に対する大きな効果(Cohen's d > 0.8)は有望であるが、サンプルサイズ、潜在的なプラセボ効果、および家庭環境への適応に関する限界は、今後の研究で解決されるべきである。臨床的意義-本研究は、PD患者における過度の歩数変動を軽減するためのスマート刺激ソックスの使用可能性を実証した。歩数変動は転倒の危険因子であるため、将来のリハビリテーションプログラムを補強するためのスマートテキスタイルの使用は、さらなる研究が必要である。
  • 事例3:Sensoria Smart Socks 歩行モニタリングシステムによるリハビリ成果の評価

    Yeung J, Catolico D, Fullmer N, Daniel R, Lovell R, Tang R, Pearson EM, Rosenberg SS. Evaluating the Sensoria Smart Socks Gait Monitoring System for Rehabilitation Outcomes. PM R. 2019 May;11(5):512-521. doi: 10.1002/pmrj.12003. Epub 2019 Mar 12. PMID: 30861329.

    概要 Abstract

    背景:歩行モニタリングはリハビリテーションにとって重要であるが、診療所での測定では歩行パターンのスナップショットしか得られない。多くの消費者向け活動量計は、日常生活における継続的な歩行モニタリングを容易にしているが、測定誤差の可能性がある。本研究では、足に装着するため、上半身の動きを歩行として不正確に検出する可能性のない、新しい消費者ベースの活動量モニターを検討する。
    目的:市販のワイヤレス歩行モニタリング技術であるセンソリア・スマートソックスの臨床的妥当性を評価する。
    研究デザイン:臨床歩行モニタリングの基準であるGAITRiteとセンソリア・スマートソックスとの方法比較研究。
    設定:外来リハビリテーションクリニック。
    被験者: 補助器具の有無にかかわらず、監視付き歩行が可能な30人を、チラシや電子メールを通じて募集した。29人の参加者のデータを分析した。15人の参加者は神経学的診断を受けていなかった。14人の参加者は、歩行障害を引き起こす可能性のある神経学的診断を受けていた。診断名にはパーキンソン病、脳卒中、脳損傷、発達遅延、音響神経腫が含まれた。
    方法:参加者は、スマートソックスとGAITRiteによる同時測定で3回の歩行試験を行った。
    主要評価項目:歩数、ケイデンス、速度の測定を2つの歩行モニタリングシステム間で比較した。
    結果: 2つのシステム間で歩数測定に有意差はなかった。全サンプル群ではケイデンス測定値に有意差があったが、平均差はGAITRiteの標準誤差内に収まった。全サンプルグループの速度測定値には有意差はなく、平均差はGAITRite標準誤差内に収まった。
    結論:これらの結果は、歩数と速度の測定におけるスマートソックスの臨床的妥当性を支持するものである。ケイデンスの測定や診療所外での長距離歩行モニタリングにおけるスマートソックスシステムの有効性と臨床的価値を明らかにするために、さらなる調査が必要である。
    エビデンスレベル: III
  • 事例4:MSU Athlete Engineering 米国・ミシシッピ州立大学

  • CONTACT

    Sensoria Inc., PO BOX 3324, Redmond WA, 98073, USA